植木屋・造園業・庭師の独立開業のポイントについて解説

この記事の対象者
  • 植木屋・造園業で独立を検討中の方について知りたい方
  • 独立する上のポイントについて知りたい方
  • 植木屋・造園業の集客方法について知りたい方

植木屋・造園業・庭師のWeb集客担当者代行サービス「お庭のWeb担当」では、無料集客相談を受け付けております。

集客にお困りの事業者様は、是非この機会に無料集客相談をご活用ください。

國廣

今回は植木屋・造園業者・庭師の独立開業のポイントについて解説していきます。

業種は異なりますが、私もサラリーマンを経て、個人事業主として3年以上働いています。

そこで、私の実体験などをふまえながらお話していきます。

目次

独立する上で一番重要なこと

造園業に限らず、独立において一番重要なことは、「売上を作ること」です。

泥臭くてもよいので、とにかく「集客」や「営業」をして、仕事を取ってくることを優先しましょう。

植木屋や造園業の集客についてお困りの方は、「お庭のWeb担当の無料集客相談」をご活用ください。

独立を考えたらまずやるべきこと

独立を考えたら、まずやるべきことについてお話していきます。

結論、以下の通りです。

やることリスト
  • 生活費の計算
  • 初期費用の計算
  • 貯金する
  • 家族と相談
  • 0から売上を作る経験を積む

①生活費の計算

まずは、自分が1か月いくらあれば、今まで通り生活していけるのか、計算しておきましょう。

ここでは、2人世帯と考えて、生活費は1か月30万円程度と仮定します。

②初期費用の計算

次に植木屋の開業にあたって、必要な初期投資金額を算出しておきます。

植木屋は店舗などの初期投資が必要ではないため、そこまで初期費用は必要ありません。

トラックや腰道具・草刈り機などを0から揃えるのであれば、合計で100万円程度あれば十分でしょう。

特に必ずしも業務に必要ではないものは、ある程度の売上の目途が立ってから、購入することをオススメします。

③貯金する

①と②の金額を元に、貯金する金額を決めます。

今回のケースだと、以下の通りです。

項目金額
生活費(2人世帯)×6か月分180万円
初期費用0~100万円
合計180万円~280万円

独立後、すぐに仕事が獲得できる見立てがあるならば、6か月分も生活費は必要ないかもしれませんが、支払いサイト(入金のタイミング)を考えると最低でも3か月分は確保しておくとよいでしょう。

④家族と相談

独立するというのは、人生において大きな決断です。

また小さなお子さまなど家族がいる方は、自分だけの問題というわけにはいきません。

独立を検討される方は、十分にご家族と相談しておきましょう。

⑤0から売上を作る経験を積む

会社の規約などで制約があれば難しいかもしれませんが、もし可能であれば、独立前に0から売上を作る経験を積んでおくことをおすすめします。

少額でもよいので、集客・営業・契約・施工・アフターサービスまでの一連の作業を一人で行い、お金をもらうという経験を積めれば、自信につながります。

自分が独立しても、通用するのかを確かめる上でも、やってみることをおすすめします。

独立後の流れ

①提供サービスの決定

まずは、自身が提供するサービスと価格を決めましょう。

また、植木屋は基本的に資格がなくても独立可能な職種ではありますが、サービス内容や売上規模によっては、行政の許認可が必要なものがあるため、事前によく調べておく必要があります。

②開業届を出す

独立が決まったら、税務署に開業届を出し、必要に応じて青色申告承認申請書を提出しましょう。

手続き詳細は国税庁のサイトを見たり、最寄りの税務署に問い合わせてみましょう。

③集客と営業

最初にお伝えした通り、独立において「売上」を作ることが一番重要です。

売上を作るには、集客力と営業力が必須です。

集客

植木屋・造園業で独立される方には、マッチングサイトやポータルサイトに登録して、仕事を獲得するという方が多いです。

まずは「売上」を作ることが重要ですから、売上が少ない独立初期にそれらを使うことは、おススメです。

しかし、どこかのタイミングで自社での集客を強化したいというニーズが生まれてくることになります。

こうしたニーズには、ランディングページとリスティング広告を使った集客方法をオススメしています。

簡単に説明すると、集客に特化したホームページを作り、そこに見込み客からのアクセスを集めてくる集客方法です。

こちらの集客方法の詳細は下記の記事で詳しく解説しています。

お庭のWeb担当」では植木屋・造園業・庭師の集客についてご相談頂ける、「無料集客相談」を実施しているため、独立前に集客について相談しておきたいなどのご要望がある方は、是非この機会にご活用ください。

また自分にあった集客方法について知りたい方は、「お庭のWeb担当の無料LINE集客診断」を活用してみてください。

営業

集客やメールフォーム営業などは、お客さんとの接点をもつための活動(リード獲得)になります。

まずはこれらリード数を増やすことが、必要不可欠です。

しかし、いくらお客さんから問い合わせが来ても、クロージング力がなければ契約を獲得することはできません。

特に高額なサービスになればなるほど、このクロージング力が必要になってきます。

植木屋・造園業・庭師の営業方法についてのアイデアについてはコチラの記事で紹介しています。

是非この機会に合わせてご覧ください。

リピーターを大切にする

植木屋の仕事は一度気に入ってもらえれれば、リピーターになってもらえるビジネスです。

ビジネスを長く続けていく上では、リピーターの獲得が必要不可欠になってきます。

リピーターになってもらうには、当たり前のことですが、誠意のある対応や施工を心がけましょう。

また一度獲得したお客さんには、こちらからも定期的に連絡を取り、営業していくことが重要です。

リピーター獲得のためのアイデアについては下記の記事を参考にしてみてください。

④協力業者を見つける

売上が一定ラインを超えたら、一人でこなせる仕事のキャパシティに限界が来ます。

売上の成長をそこで止めないためには、仕事を振れる協力業者を見つけたり、アルバイトの雇用などを検討していく必要があります。

最近では、建設業向けのビジネスマッチングサイトなども登場してきました。

まだ売上が少ない方も、まずは受注者側で使ってみるなどして、独立している業者同士の横のつながりを作り、協力しあえる関係性を構築していくと良いでしょう。

まとめ

以上、植木屋・造園業・庭師の独立開業のポイントについて解説しました。

確かにビジネス的な側面で、独立において重要なことは売上を作ることです。

ただマインド的な側面では、どんな時も自責思考でいられるマインドが独立において非常に重要です。

独立後は良くも悪くも自由です。それ故に、何か課題に直面した際には一人で対処していかなければなりません。

また本記事をご覧になった方で、植木屋・造園業のWeb集客について相談に乗ってほしいなどご要望がございましたら、、是非この機会にお庭のWeb担当の無料集客相談をご活用ください。

お庭のWeb担当の【無料集客相談】へ

本記事は参考になりましたでしょうか?本記事を読んで、

  • やることが多くて自分では手がつけられない
  • とりあえず集客の相談に乗ってほしい
  • 自分のホームページの課題について診断してほしい

などのお悩みがあれば、「お庭のWeb担当」では無料集客相談を受け付けております。

是非この機会にご活用ください。

【無料LINE集客診断】のお知らせ

またお庭のWeb担当のLINE公式アカウントにご登録頂くと、自分にあった集客戦略を約30秒で自動診断してくれる無料集客戦略診断機能をご利用頂けます。

こちらも是非この機会に無料登録してみてください。

Q&A

「植木屋の集客」について相談できるサービスはありますか?

お庭のWeb担当の「無料集客相談」サービスをご活用ください。

「植木屋の集客」について学べるサイトはありますか?

お庭のWeb担当の「無料LINEメルマガ」をご利用ください。

植木屋・造園業・庭師の集客方法について教えてください。

詳細は「【図解付き】植木屋・造園業・庭師の集客方法をステップごとに徹底解説!」をご覧ください。

植木屋で独立してブログで集客したいのですが、参考になる記事はありますか?

植木屋で独立してブログで集客したいけど、効果はある?」の記事をご覧ください。

植木屋のホームページ集客で参考になる記事はありますか?

植木屋・造園業・庭師向けのホームページ制作(HP制作)6つのステップ!」の記事をご覧ください。

植木屋・造園業・庭師のチラシ集客について参考になる記事はありますか?

植木屋・造園業・庭師のためのチラシ集客のアイデアをご紹介!」の記事をご覧ください。

この記事の著者

【経歴/プロフィール】
國廣 知希(くにひろ かずき) Stray Lamb Agent 代表。滋賀県出身/東京江東区在住。
滋賀大学経済学部を卒業後、富士通株式会社(旧FWEST)やBCG(バックオフィスIT部門)などを経て独立。Stray Lamb Agentを開業。造園業・清掃業・音楽教室など幅広い業種でWeb集客支援を行う。

【造園業や生活サービス系の主な実績】
・植木屋・造園業特化のポータルサイト「植木屋名鑑」を運営。
・植木屋に対して、集客代行サービスを提供中。
・ハウスクリーニング/清掃業特化のポータルサイト「おそうじプロ名鑑」を運営。

【資格】
基本情報技術者試験

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次