MENU
無料相談・集客代行サービス
無料集客診断・公式LINE

植木屋・造園業・庭師は儲かるのか?利益の最大化に向けたアイデアを紹介!

この記事の対象者
  • 植木屋・造園業者・庭師が儲かるのか知りたい方
  • 植木屋・造園業のWeb集客方法について知りたい方
  • 植木屋・造園業のLTV改善について知りたい方

植木屋・造園業・庭師のWeb集客担当者代行サービス「お庭のWeb担当」では、無料集客相談を受け付けております。

集客にお困りの事業者様は、是非この機会に無料集客相談をご活用ください。

目次

植木屋・造園業・庭師は儲かるのか?

植木屋・造園業・庭師の仕事は、庭木の剪定・造園工事・植木の販売など様々です。

それらの中でも剪定・伐採・草刈りなどの業務は、①初期投資が少ない、②利益率が高い、③リピート性があることなどから、儲けやすいビジネスモデルと言えるでしょう。

ただし、全ての植木屋さんが儲かっているかというと、そうではないでしょう。

儲けるということは、利益額を最大化するということです。

上記の図のように利益に関係している変数は様々です。

儲かっていない場合というのは、上記の各変数に関して、何かしらの改善余地があるわけです。

儲からない理由の例
  • 客数が少ない
  • 客単価が低い
  • リピートされない
  • 顧客獲得コストが高い
  • 人件費が高い

これらの変数を上手くコントロールして、利益の最大化を狙いましょう。

次は、これらの変数の改善策について解説していきます。

利益の最大化に向けた施策

①集客に力を入れる

大前提として、お客さんがいなければ、売上は生まれません。

まずは、集客に力を入れていく必要があります。

植木屋の集客方法には、ランディングページとリスティング広告を使ったWeb集客方法をおすすめしています。

植木屋の集客方法について、「【図解付き】植木屋・造園業・庭師の集客方法をステップごとに徹底解説!」の記事でまとめているため、興味がある方はご覧ください。

また植木屋・造園業・庭師の集客にお困りの方は、お庭のWeb担当の「無料集客相談」を活用してみてください。

②LTVを最大化する

LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)とは、簡単に説明すると、顧客1人あたりが、あなたにもたらす利益の合計金額のことです。

厳密には少し違いますが、ここでは便宜上
LTV = 客単価×リピート回数
として解説を進めます。

LTVの改善は、利益の最大化につながるだけではなく、集客戦略を考える上でも、非常に重要な要素です。

例えば、広告費を使って集客を行う場合、LTVが低い状態だと、広告を使っても採算が合わず、別の集客方法を考えていく必要があったり、あらかじめLTVの改善に向けた対策を考えてから、集客を行う必要があります。

【LTVの見直しが必要な例】
LTV 1万円 < 広告費1.5万円

ここでは、「LTV=客単価×リピート率」と仮定して、アイデアベースでそれぞれの改善策を共有しておきます。

客単価改善案
  • アップセル 【顧客が希望する提案(梅の価格のプラン)があれば、梅のプランより少し値段が高い松・竹の提案も考えて、松・竹・梅の計3つを提案をしてみる。】
  • クロスセル 【顧客にニーズがありそうな他の商材を提案してみる。/セットメニューを作る】
リピート率改善案
  • 施工後に、次回の提案をしてみる。【仮押さえでもよいので、時期がきたら、こちらから提案しやすくするため。】
  • 顧客管理を徹底し、顧客にニーズがありそうな提案をメール・DM・LINEなどで連絡してみる。【お客さんの庭木の種類をメモしておくと、季節に応じた手入れの提案が可能。】
  • リピートされる商材を考えてみる【お庭のお手入れのサブスクサービス】
國廣

余談ですが、私が運営するギター教室の場合、LTV改善に向けて、以下のような施策を行っています。


①アップセル:レッスン(月2~4回)の松竹梅メニューの設定

②クロスセル:生徒様がお子さまの場合、学習指導サービス / 経営者の方にはWeb集客支援のご提案

③リピート率改善:そもそもリピートが前提の商材


ただ、お客様にリピートして頂くためには、お客様からの信頼が重要だと実感しています。


「本質的な価値:植木屋の場合、施工のクオリティや対応力」の提供を行い、お客様からの信頼を勝ちとってこそ、リピートしてもらえることを忘れないようにしましょう。

③顧客獲得コストを改善する

剪定や伐採などのビジネスに関して、自分で作業する場合、移動のガソリン代などを除けば、売上はほぼ利益になるでしょう。

ただし、集客を行う場合、特にWeb広告などを使う際は、費用(顧客獲得コスト)が発生します。

いくらLTVが高くても、顧客獲得コストがLTVを上回ってしまっては、利益は得られません。

そのため、顧客獲得コストを抑えることも重要な課題です。

CPA改善(顧客獲得コスト)の改善方法は、広告媒体によって変わるため、ここでの説明は割愛します。

植木屋・造園業向けの広告媒体については、「植木屋・造園業の広告戦略について解説!」の記事で解説しているため、こちらも参考にしてみてください。

また植木屋の集客方法については、「【図解付き】植木屋・造園業・庭師の集客方法をステップごとに徹底解説!」の記事を参考にしてみてください。

④人件費を抑える

人件費の見直し対策には、「固定費の変動費化」や「外注先の見えない人件費の削減」などがあります。

例えば、組織拡大に向けて人を増やす際に、社員を採用するのではなく、業務委託で仕事をお願いすることで、「固定費の変動費化」が可能です。

人件費が、外注費として変動費となることで、売上に応じた人件費の見直しがやりやすくなります。

もちろん社員と業務委託では、両方ともメリット・デメリット・導入にあたって留意するべき点が多くあるため、あまり軽率なことは言えませんが、人件費の見直しのアイデアとして、ご紹介しておきます。

また、外注先の見えない人件費などにも、目を意識を向けてみると良いでしょう。

例えば、Web集客を外部に外注するとして、コンサルティング・HP制作・広告運用をそれぞれ別の会社に依頼した場合、それぞれにディレクション費用などの管理コストが発生している場合があります。

お庭のWeb担当」のように、ワンストップで依頼できるサービスであれば、余計な管理コスト(人件費)の削減につながる場合もあります。

まとめ

以上、植木屋・造園業・庭師の利益の最大化に向けた施策についてご紹介しました。

全ての変数に意識を向けることは、難しいことかもしれませんが、集客とLTVの最大化は、特に改善のインパクトが大きいため、是非意識的に取り組んでみてください。

本記事をご覧の植木屋・造園業者の方で集客について相談に乗ってほしいなどご要望がございましたら、、是非この機会にお庭のWeb担当の無料集客相談をご活用ください。

お庭のWeb担当の【無料集客相談】へ

本記事は参考になりましたでしょうか?本記事を読んで、

  • やることが多くて自分では手がつけられない
  • とりあえず集客の相談に乗ってほしい
  • 自分のホームページの課題について診断してほしい

などのお悩みがあれば、「お庭のWeb担当」では無料集客相談を受け付けております。

是非この機会にご活用ください。

【無料LINE集客診断】のお知らせ

またお庭のWeb担当のLINE公式アカウントにご登録頂くと、自分にあった集客戦略を約60秒で自動診断してくれる無料集客戦略診断機能をご利用頂けます。

こちらも是非この機会に無料登録してみてください。

Q&A

利益の最大化に向けて相談できるサービスはありますか?

お庭のWeb担当の「無料集客相談」サービスをご活用ください。

植木屋・造園業・庭師のビジネスモデルは儲かりますか?

剪定や伐採などは儲かりやすいビジネスモデルと言えます。

植木屋・造園業・庭師の集客方法について教えてください。

詳細は「【図解付き】植木屋・造園業・庭師の集客方法をステップごとに徹底解説!」をご覧ください。

この記事の著者
経歴

Stray Lamb Agent代表。國廣 知希(くにひろ かずき)。滋賀県出身/東京都江東区在住。

滋賀大学経済学部情報管理学科を卒業。

国内大手IT/大手外資系企業【富士通・BCG(バックオフィスIT職)】などにて、システム保守系PJのITエンジニア等として勤務。

その後、独立し、Web集客支援やポータルサイト運営などを行う、Stray Lamb Agentを開業。

植木屋や人工芝施工業者などの造園業界・清掃業界などに対して、Web集客支援を行う他、植木屋・造園業者特化のポータルサイト(植木屋名鑑)の開発・運営を行っている。

【保有資格】基本情報技術者試験

運営メディア・支援/集客実績についてはこちら
運営メディア

ポータルサイト

造園業界/清掃業界特化型のポータルサイトを運営。

これらポータルサイトの開発・SEO対策・営業などを一人で行う。

集客情報メディア

Instagram

YouTube

支援実績のある業界
  • 植木屋
  • 清掃会社
  • 人工芝施工業者
  • 音楽教室
  • 外壁塗装
  • コンサルティング

集客実績を見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次