植木屋・造園業の広告戦略について解説!

この記事の対象者
  • 植木屋・造園業向けの広告をお探しの方
  • 植木屋・造園業の集客方法について知りたい方
  • Web広告の活用を検討中の植木屋・造園業者の方

今回は以上のような方に、植木屋・造園業向けの広告戦略について解説していきます。

植木屋・造園業・庭師のWeb集客担当者代行サービス「お庭のWeb担当」では、無料集客相談を受け付けております。

集客にお困りの事業者様は、是非この機会に無料集客相談をご活用ください。

目次

本記事での「広告」の定義

一般的に、自身の商品やサービスについて紹介する媒体やその内容を全て含めて、「広告」ということになりますが、この記事の中では「課金が発生する媒体」を「広告」と定義して解説を進めていきます。

「広告」=「課金が発生する媒体」

※完全に自身で対策すれば、無料で集客できるSEO/MEO/YouTube/SNSなどは、本記事において「広告」の定義には含めません。

広告において重要なこと

「広告」を活用して集客を行う上で重要なことは、「①広告を広めるための施策」と「②広告で伝える内容」の2つを最適化していくことです。

本記事では、「①広告を広めるための施策」について詳しく解説していきますが、「②広告で伝える内容」も非常に重要です。

「②広告で伝える内容」、すなわちランディングページやチラシ作りのポイントについては別の記事で詳しく解説しています。

是非こちらも合わせてご覧ください。

植木屋・造園業向けの広告施策

それでは、植木屋・造園業などローカル集客向けの広告について解説していきます。

オンライン広告とオフライン広告の2つに分けて解説します。

結論としては以下の通りです。

植木屋・造園業向けの広告施策

オンライン広告

  • リスティング広告
  • ポータルサイト/比較メディアへの掲載
  • リターゲティング広告(Google/Yahoo)
  • P-Maxキャンペーン
  • LINE友達追加広告

オフライン広告

  • 新聞折込チラシ
  • 地域情報誌

それぞれについて解説していきます。

①リスティング広告

リスティング広告とは、「Google/Yahoo/Bing」などの検索エンジン上に広告を出稿できる検索連動型広告です。

「〇〇市 植木屋」・「〇〇市 剪定」などの今すぐ植木屋に依頼したいと考えているような「顕在顧客」からのアクセスを獲得しやすいため、植木屋・造園業などローカル集客に効果的です。

私が植木屋の方の集客をご支援する際にも、基本的には、このリスティング広告を活用します。

特にGoogle広告のリスティング広告は、リスティング広告の特徴である「①顕在顧客の獲得に向いていること ②即効性があること ②低予算から利用できること」に加えて、④出稿エリアを拠点となる住所から半径指定できるため、まず最初に手を付けるべき広告媒体と考えています。

ここから先、様々な媒体をご紹介しますが、広告予算が10万円以下の方の場合は、媒体ごとにを広告費を分散させずに、リスティング広告に絞った配信を行うことをオススメします。

もちろん広告費用をリスティング広告だけで消化しきれないケースは他の媒体に予算を寄せていくことになります。

②ポータルサイト/比較メディアへの掲載

ポータルサイトや比較メディアは、SEOで「〇市 植木屋」などのキーワードで上位表示するためのページを多く持っています。

運営者に問い合わせることで、こうしたページ内に有料で自社の広告を掲載できる場合があります。

費用対効果などを十分に考慮した上で、予算に余裕のある方は検討してみても良いでしょう。

③リターゲティング広告(Google/Yahoo)

次にリターゲティング広告(Google/Yahoo)です。

リターゲティング広告とは、一度サイトに訪問した顧客に対して、もう一度広告を表示し、問い合わせ獲得を目指す広告手法です。

一度、リスティング広告で流入した顕在顧客に向けて、再度ディスプレイ広告やリスティング広告(RLSA)を使って広告配信を行い顧客獲得を目指します。

広告予算に余裕がある場合は検討してみても良いでしょう。

④P-Maxキャンペーン

P-Max(パフォーマンス最大化)キャンペーンとは、Google広告で2021年から使用できるようになった顧客獲得向けの広告キャンペーンです。

「検索広告・ディスプレイ広告・動画広告・Google Mapなど」Googleの全ての媒体上に広告を出稿することができ、それらの媒体上で機械学習に基づき顧客獲得を目指してくれます。

Google の公式ヘルプ「P-Maxキャンペーンについて」にもあるように、検索広告を補完する広告とされているため、予算が十分にある方は、リスティング広告と併用して使ってみても良いでしょう。

LINE友だち追加広告

LINE友だち追加広告とは、LINE公式アカウントに直接ユーザーを集めることができる広告になります。

LINE友だち追加広告は、CPF(Cost Per Friends)課金制度であり、実際に友だち追加された数に応じて料金が発生します。

ターゲットのエリアを半径指定・年齢・興味関心などで絞り込むことができるため、既存顧客に多い属性の方向けに広告配信を行うとよいでしょう。

ただしLINE公式アカウントに登録させることができても、LINE公式アカウント上で最終的に問い合わせにつながるような導線設計がなければ、効果は期待できません。

そのため、LINE友だち追加広告を導入する際は、先にLINE公式アカウントをしっかり作りこみ導線を整えてから実施することをオススメします。

「お庭のWeb担当」でもLINE公式アカウントを使った集客に力を入れているため、登録して参考にしてみてください。

⑥新聞折込チラシ

新聞折込チラシとは、新聞にチラシを挟んで業者に配布してもらう広告です。

エリアを絞ってチラシを配布することができます。利用を検討する方は「ラクスル」などを活用するとよいでしょう。

料金シミュレーション機能があるため、費用を予測することができます。

⑦地域の情報誌

ローカル向けの集客であれば、地域の情報誌などを活用してみても良いでしょう。

自治体などが運営している情報誌などを探してみるとよいでしょう。

参考:ことみせ(江東区のお店紹介・公式サイト)

まとめ

以上、植木屋・造園業向けの広告媒体について解説してきました。

基本的に、まず活用してほしい広告はリスティング広告になります。

私も今回ご紹介した全ての広告媒体を実際に使ったわけではありません。

仮にあなたのご支援に入った場合も、まずはリスティング広告から広告費を使い、広告予算が余った場合に、他の媒体を提案するといった流れになります。

また最初に述べた通り、「広告」を使って集客につなげるには、「①広告を広めるための施策」と「②広告で伝える内容」の2つを最適化することが重要です。

広告を広めるための媒体選定だけにとらわれず、広告で伝える内容も十分に考えていきましょう。

お庭のWeb担当の【無料集客相談】へ

本記事は参考になりましたでしょうか?本記事を読んで、

  • やることが多くて自分では手がつけられない
  • とりあえず集客の相談に乗ってほしい
  • 自分のホームページの課題について診断してほしい

などのお悩みがあれば、「お庭のWeb担当」では無料集客相談を受け付けております。

是非この機会にご活用ください。

【無料LINE集客診断】のお知らせ

またお庭のWeb担当のLINE公式アカウントにご登録頂くと、自分にあった集客戦略を約30秒で自動診断してくれる無料集客戦略診断機能をご利用頂けます。

こちらも是非この機会に無料登録してみてください。

Q&A

「広告する内容」について知識を深めたいです。

詳細は、「植木屋・造園業・庭師向けのホームページ制作6つのステップ!」をご覧ください。

植木屋・造園業・庭師の集客方法について教えてください。

①集客に特化したホームページ
②リスティング広告
③MEO対策
④SEO対策
⑤チラシ集客
⑥LINE公式アカウント

詳細は「【図解付き】植木屋・造園業・庭師の集客方法をステップごとに徹底解説!」をご覧ください。

植木屋・造園業・庭師のホームページ制作のポイントについて教えてください。

結論、以下のステップで進めましょう。

①目的を決める
②目標を決める
③アクセスを集める戦略を決める
④サイト設計を考える
⑤集客に特化したページを作る
⑥運用/改善
詳細は、「植木屋・造園業・庭師向けのホームページ制作6つのステップ!」をご覧ください。

植木屋・造園業・庭師の集客やホームページ制作について相談できるサービスはありますか?

「お庭のWeb担当」の【無料集客相談】をご活用ください。

この記事の著者

【経歴/プロフィール】
國廣 知希(くにひろ かずき) Stray Lamb Agent 代表。滋賀県出身/東京江東区在住。
滋賀大学経済学部を卒業後、富士通株式会社(旧FWEST)やBCG(バックオフィスIT部門)などを経て独立。Stray Lamb Agentを開業。造園業・清掃業・音楽教室など幅広い業種でWeb集客支援を行う。

【造園業や生活サービス系の主な実績】
・植木屋・造園業特化のポータルサイト「植木屋名鑑」を運営。
・植木屋に対して、集客代行サービスを提供中。
・ハウスクリーニング/清掃業特化のポータルサイト「おそうじプロ名鑑」を運営。

【資格】
基本情報技術者試験

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次