植木屋・造園業で仕事がない人向けに【仕事の取り方】のアイデアを紹介!

この記事の対象者
  • 植木屋・造園業者で仕事がないとお困りの方
  • 植木屋・造園業の仕事の取り方を知りたい方
  • 植木屋・造園業向けの集客方法について知りたい方

植木屋・造園業・庭師のWeb集客担当者代行サービス「お庭のWeb担当」では、無料集客相談を受け付けております。

集客にお困りの事業者様は、是非この機会に無料集客相談をご活用ください。

目次

「なぜ、あなたに仕事がないのか?」

「造園会社で10年以上修行し、満を持して独立したのに仕事がない…」

こんなお悩みありませんか?

植木屋の仕事に限らず、独立した後に、仕事がない原因は、主に「集客が上手くいっていないこと」・「営業不足」であることがほとんどです。

どんなに素晴らしい技術をお持ちでも、顧客があなたのことを知らなければ、仕事につながることはありません。

そこで今回は、植木屋・造園業者の方が仕事を取るために使えるアイデアを紹介していきます。

仕事を取るためのアイデア

「仕事を取る」ということは、「売上」を増やすということです。

本記事では、「売上」を増やすための「戦略」を「新規顧客向け」と「既存顧客向け」の2つに分けて、それぞれ解説していきます。

新規顧客向け

まず、植木屋や造園業者のビジネスにおいて、どんな人が顧客のターゲットになるか考えてみましょう。

私の方で、植木屋や造園業者のターゲットとなる顧客を以下の通り分類してみました。

顧客のターゲット
  • 一般家庭
  • 法人(工場や飲食店・お寺など)
  • 行政
  • 同業者(元請会社)

自身がどの層をターゲットにしたいのかで、営業活動の方針は少し変わってきます。

ここでは主に一般家庭向けの集客方法について解説していきます。

結論としては、ランディングページとリスティング広告/MEO対策などを使ったWeb集客がオススメです。

リスティング広告やMEO対策によって、自分がターゲットとするエリア(〇〇市)で「〇〇市 植木屋」のようなキーワードでGoogle検索するような見込み客に、自身のホームページを見せることで集客につなげる戦略です。

詳細については、「【図解付き】植木屋・造園業・庭師の集客方法をステップごとに徹底解説!」の記事をご覧ください。

ランディングページの作り方については、「植木屋・造園業・庭師向けのホームページ制作6つのステップ!」の記事をご覧ください。

リスティング広告など広告戦略については、「植木屋・造園業の広告戦略について解説!」の記事をご覧ください。

また、こうした植木屋・造園業者の事業者様のWeb集客をお任せ頂けるWeb担当者代行サービスお庭のWeb担当を提供しております。

ご興味頂けた方は、是非この機会に無料集客相談にお申込みください。

もちろん独立してすぐに、一般家庭向けの集客が上手くいき、売上が安定することが望ましいでしょうが、なかなか上手くいかない場合もあるでしょう。

そんな場合は、同業者の方に営業をして、下請けという形で仕事をもらうことも、生き抜くための戦略の一つです。

最近だと、「助太刀」のように建築業者同士をつなぐマッチングサイトもあります。

こうしたマッチングサイトを活用し、営業活動してみるというのも一つの手です。

既存顧客向け

「仕事がない」状況が続くと、「なんとかして、新規顧客を獲得しなければ!」と焦りがちです。

もちろん「新規顧客獲得」は非常に重要ですが、「既存顧客獲得」に目を向けることも重要です。

新規顧客獲得にかかるコストは、既存顧客獲得にかかるコストの5倍と言われています。

裏を返せば、既存顧客の方が新規顧客より、獲得しやすいということになります。

そこで、「過去、失注してしまったが、問い合わせがあった顧客」や「サービスを利用してくれた顧客」をリストアップしてみて、そこに対してメールや電話などで、「お庭のことに関して最近お困りごとがないですか?」と連絡を取ってみましょう。

またアイデアとして、植木屋のサービスと類似する別のサービスを既存顧客に販売してみるというのも、一つの手です。

植木屋・造園業であれば、ハウスクリーニングやお墓参り代行サービスなど生活系のサービスが今回のケースに当てはまるでしょう。

お庭のWeb担当

私もto C向けの事業として「ギター教室」を運営していますが、既存顧客向けに「個別学習指導サービス等」のサービスをご案内することがあります。

まとめ

以上、植木屋・造園業向けの仕事の取り方について解説してきました。

もちろん今回紹介したアイデア以外にも様々な戦略があります。

また今回は特に触れませんでしたが、一般家庭向けの集客を行う方は、 to C向けの生活サービスマッチングプラットフォームを利用して集客を始める方も多いでしょう。

本記事でおススメした、リスティング広告とLPを活用した集客方法は、それらのプラットフォームでの集客依存の脱却を目指した、集客戦略になります。

「仕事がない方」にとって「生活していくための売上を作る」ということが最重要課題でしょうから、その課題を解決できるのであれば、そのようなサービスを利用することも生存戦略の一つです。

もし本記事をご覧の集客にお困りの植木屋・造園業者の方は、是非この機会にお庭のWeb担当の無料集客相談をご活用ください。

お庭のWeb担当の【無料集客相談】へ

本記事は参考になりましたでしょうか?本記事を読んで、

  • やることが多くて自分では手がつけられない
  • とりあえず集客の相談に乗ってほしい
  • 自分のホームページの課題について診断してほしい

などのお悩みがあれば、「お庭のWeb担当」では無料集客相談を受け付けております。

是非この機会にご活用ください。

【無料LINE集客診断】のお知らせ

またお庭のWeb担当のLINE公式アカウントにご登録頂くと、自分にあった集客戦略を約30秒で自動診断してくれる無料集客戦略診断機能をご利用頂けます。

こちらも是非この機会に無料登録してみてください。

Q&A

植木屋・造園業で「仕事がなくて困っています」。相談できるサービスはありますか?

「お庭のWeb担当」の【無料集客相談】をご活用ください。

植木屋・造園業で仕事がない理由は何ですか?

主に「集客力」・「営業不足」が原因です。

植木屋・造園業で仕事を取るためのアイデアは?

一般家庭向けの新規顧客獲得であれば、Web集客がおススメです。

また新規顧客獲得だけではなく、既存顧客獲得に力を入れることも忘れないようにしましょう。

植木屋・造園業・庭師の集客方法について教えてください。

詳細は「【図解付き】植木屋・造園業・庭師の集客方法をステップごとに徹底解説!」をご覧ください。

この記事の著者

【経歴/プロフィール】
國廣 知希(くにひろ かずき) Stray Lamb Agent 代表。滋賀県出身/東京江東区在住。
滋賀大学経済学部を卒業後、富士通株式会社(旧FWEST)やBCG(バックオフィスIT部門)などを経て独立。Stray Lamb Agentを開業。造園業・清掃業・音楽教室など幅広い業種でWeb集客支援を行う。

【造園業や生活サービス系の主な実績】
・植木屋・造園業特化のポータルサイト「植木屋名鑑」を運営。
・植木屋に対して、集客代行サービスを提供中。
・ハウスクリーニング/清掃業特化のポータルサイト「おそうじプロ名鑑」を運営。

【資格】
基本情報技術者試験

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次